カテゴリー別アーカイブ: 色彩の知識

色の話……ムラサキ(ヴァイオレットとパープル)

紫の色です。昔はヨーロッパでは「紫貝」、日本では「紫草(の根)」からこの色の染料を採りました。これら原料の収穫高は少なく、結局高価な色になり、東西ともに高貴な人々だけが用いたり着たりする色で、一般の人々には禁色(きんじき … 続きを読む

カテゴリー: 色彩の知識 | コメントは受け付けていません。

発見! 中身の野菜に合わせ、ネットの色を変える……同系色で販売促進

先日買い物から帰ったカミさんに頼まれました。「これ、冷蔵庫に入れてくれない?」。渡された袋の中身はオクラとタマネギでしたが、両方とも細い樹脂糸で作られたネットの袋に入っていました。オクラは緑色の、タマネギは橙色のネットで … 続きを読む

カテゴリー: 色彩の知識 | コメントは受け付けていません。

三原色って、絵具の場合はどれとどれ?

 左上のイラスト写真、説明はかなり下の方になります。上の段の手製色票は、新しく売り出された絵具、その下の汚れみたいな色、ⅰ、ⅱ、ⅲは、上の段に相対する、ボクのプリンターのマゼンタ、イエロー、シアンの色です。インク・カート … 続きを読む

カテゴリー: 色彩の知識 | コメントは受け付けていません。

パステルカラーとは、明るいけれど彩度が低い色

色の三属性として、①色相(色合い、色味)、②明度(同じ色相でも明るいか暗いか、どの程度明るいのか)までやってきました。最後は③「彩度」なのですが、これがややこしい……というより、あまり深入りするとわけがわからなくなります … 続きを読む

カテゴリー: 色彩の知識 | コメントは受け付けていません。

ある色に、白や黒、グレーを混ぜても、水を加えても色相は変わらない

「色相」とは色みのことです。「紫っぽい」とか「(ド派手な)黄色!」などと言うとき、その人たちは色相の話をしていることになります。普通、赤、橙、黄……紫などの基本色名とその組み合わせで表現することが多いです。   色相環に … 続きを読む

カテゴリー: 色彩の知識 | コメントは受け付けていません。