月別アーカイブ: 2022年10月

俳句で本質的に大切なこと

「有季定型」ということです。「有季」とは、季節を示す「季語」が、一句の中に必ず含まれていることです。「定型」とは、5・7・5の詩形に則(のっと)っていることです。「詩形」と書いたのは、字数と同時に韻律、つまりリズムが俳句 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

俳句です。初めての「ちょこっと入選」です。

まず最初に、前回と前々回の誤字訂正です。両日ともに「動詞」を「同氏」と書き込んでいました。お詫びいたします。 ところで16日、10月の句会が開かれました。実はあらかじめ、全参加者は、5句の新しい作品の提出を済ませており、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントは受け付けていません。