ルピナス、やっとここまで来ました。


s-IMG_2739やっと……とは、遊びも仕事もいろいろあって、制作に向ける時間が少ないのです。

ただ、最近ちょっとした助っ人が手元にまいりました。卓上スタンド型のルーペです。両手が使えて便利です。

ネット販売ですが、「ついでがありますから……」という生徒さんの好意にオンブにダッコ、直接宅配してもらいました。ボクは一度も購入経験がなく、やり方がわからないのです。カミさんはボクを馬鹿にするくせに自分でもできないので、その都度孫に電話しています。

ところでルピナスですが、画面上方の薄いセルリアンブルーが見えるでしょうか。この先、花穂(かすい)の先端に向かう、特に左側、光を受ける部分が白っぽくなり、画用紙のままでは境目がほとんど見えなくなるのです。いえ、今、白く形抜けしている部分は紙の生地で、ここに開きかけの花からまだ固いツボミまでワ~ッと……あるのです。

セルリアンブルーは、水気をいっぱいに含ませた穂先の青い絵具を画面に乗せ、さらに水を加えながらどんどん延ばすのですが、それだけではムラの大群が生じます。次に極短穂の筆……ボクは印刷業界で製販に使う版下用の筆を使っています……の穂先で、青い着彩部分の、筆目のスキ間スキ間を埋めるように、点描、線描の要領でムラの一つ一つをつぶしていくのです。

上の写真ではよく見えませんが、ムラはまだまだ残っています。これから、ツボミを描いたりムラを埋めたり、また忙しくなります。

カテゴリー: 制作活動   パーマリンク