葉っぱ、トライしてみました


s-IMG_2849s-IMG_2848s-IMG_2851「先日、立川の石田倉庫に参りました。群馬さんの「葉っぱ」の作品に見とれ、作品絵葉書を数枚買いました。それから上野にハシゴし、科学博物館の企画展「フローラ・ヤポニカ」も見て来たのでかなり疲れました。

しかしさらに頑張り、バスを降りて6階の我が家に向かうのに、エレベーターではなく急に階段を使う気になったのです。

すると、半分外付けみたいな階段に、覆いかぶさらんばかりに枝を広げた、近くのサクラの木から色づいた葉が散り、ボクの足元に絡みました。気が付くと、階ごとに折れる階段のあちらこちらに、赤や黄に染まった葉が表や裏を見せて浅く積もっています。一枚一枚が本当に美しい。

 で、石田倉庫展観覧のほとぼり冷めやらぬボクは、あ、これを描いてやろうじゃないか……と思いついたのです。最初の写真はモデルの葉。次はデッサンに続く最初の色づけ。最後は、下塗りを済ませた後、側脈で区切られた内側だけを塗り進め、片側だけは、粗塗りがようやく終わりました。ここまで8時間ほど。この段階で色々見えてきますから、仕上げまでにまだまだ変わってきます。

ところで「側脈」ですが、他に「肋脈」という語はあるんでしょうかねえ。とこかで確かに見たのですが。それだと肋骨のイメージで、説明でも何でも判りやすい。主脈は「中肋」と呼ぶこともあるんだし……。

カテゴリー: 制作活動   パーマリンク