もう少しうまく描けると思ったのですが……。白斑を描く三つの方法


s-IMG_3017011細毛も白斑も、こんなはずじゃなかった、という思いです。ま、見苦しい言い訳はやめて、三つの果実の白斑をご覧ください。三つとも異なる方法で白い点々を描いているのです。

左上①は不透明水彩絵具にわずかに緑を混ぜ、筆で打ちました。中央②は、水だけをわずかに含ませた筆を果実の表面で細かく動かし、絵具を剥がしました。

右下③は、カッターナイフ(!)の先で表面をコソゲ取りました。当然画用紙の表面も傷を負っているはずです。③が一番自然な感じが出せました。

カッターナイフも含め、反則でも禁じ手でもありません。そして、これ以外には方法はありません。

下のイラストは、十数年前の作品ですが、①の方法を取っています。

 

カテゴリー: 塗り方, 未分類   パーマリンク