キイチゴ? 飛んでもない。ノイバラのどれか、でした。


s-IMG_3088

過去2回の投稿で、キイチゴ……と言って騒いだこの植物ですが、何度か川辺の現場に足を運び、生い茂る長い茎と実と、枯れてなお枝先でふらふら風に揺れる枯れ葉やトゲを見ているうちに、なんだ、ノイバラじゃないかと突然ひらめきました。

いくら、春・夏の元気な姿から隔たるとはいえ、トゲ、長い枝、枯れた葉を見るだけで、野草に詳しい方ならもう見た瞬間、まして実が着いているのですからその場でノイバラに思いが届いても当たり前だと思います。恥ずかしいです。

で、また図鑑を広げたのですが、簡単にはいかない。実の形からすれば、ノイバラの類の中でもノイバラなのかオオフジイバラなのか、テリハノイバラなのか、はたまた別の種なのかが判別できません。結実した赤い実は、写真ではどれもみな同じに見えるのです。結局ここまで来て、後は来春、来夏を待たざるを得なくなりました。本当に頼りない「植物」画の先生です。

上の絵ですが、前回下塗りだけした長い枝を本塗りしただけで、「どうだっ!」なんて見得を切れるものでないことは重々承知なのですが、一旦これで保留というか来年待ちとするには、多少の区切りみたいなものも必要かと……、ハ~、苦しい……。

カテゴリー: モデル   パーマリンク