もう、先生なんか……。


先日「6月から教室再開といったけど、9月まで延期」の報を、全生徒さんに出しました。いくつもの返事が返ってきた中に、エ~ッ!というのがありました。相互に音信が途絶えて1/4年(!)……と思っていたらとんでもない。「教室仲間でラインのグループを作っておしゃべりをし、励まし合って……植物画の作品が仕上がるとそれぞれラインに載せて見せ合い、結局24~5点を超える数でアルバムを……」。そんなお便りが生徒さんから。25点……? アルバム……? 誰が……?。クラスは十名です。普段なら、一枚仕上げるのに各人平均3~4ヶ月でしょうか。それが3ヶ月足らずで一人平均2枚半! 第一、ラインって何だ? 「あの~、家にいたまま、絵や言葉をグループでやり取り……」。 いえ、「ライン」は最近よく耳にする言葉ではありました……が、そもそも画用紙が空を飛をぶとは思わなかった。 しかしそんなことより、心配です。ボクが9月に教室に出て行ったら一同顔を見合わせて「アラ、出てきた」「エ~ッ? もう先生なんて……」「要らない、要らない!」。いや冗談はともかく、想像だにしなかった素晴らしいい話に、ここ数カ月の鬱屈が本当にスカッとしたような気分になりました。

カテゴリー: 外部活動   パーマリンク