植物画入門知識復刻リニューアル(1)


 

IMG_0609ボクのテキスト「植物画の基礎・塗り方と表現の基本」ですが、コロナによる家籠りの余波でしょうか、少しずつ出る数が増えているのです。そこで演習型のテキストでは書けなかった演習以前の予備知識みたいなことを何回か書こうと考えました。
ただ、この辺りのことは実はもう、、2013年のブログ開始間もない頃からシリーズで一度扱ってきてはいるのです。

とはいえ、新しい方に限らず古い読者にとっても、数百回前の記事を索引もナシに掘り起こすのは大変だろうと、第一次復刻シリーズを始める気になりました。

まず、入手した絵具やパレットはどう扱うか。入門者の多くが、絵具など文房具屋さんで20色前後のセット組を買ってくれば済むだろう、と考えています。でもダメです。セット組は、小・中・高校生が学校で図画工作や美術の授業を受ける中で、静物画・人物画・風景画など描くために、きわめて一般的な色合いをセット組したもので、植物画には不要の色や欠落した色などがあります。だからバラで、必要な色だけを買い集めなければなりません。じゃ、何と何と何の色……? 実はこれが問題です。

例えば葉や花を塗る緑や赤の系統は多めにそろえ、空や水を塗る青系統はなくてもいい…
…くらいは想像できても、つまり必要な色はどれとどれだ!が決まらない。もし教室など、どなたかが指導される場であれば、その先生のお考えやお好みで「基本色」は決まりますが、もともと一般的な基本色などはありませんから、教室の先生ご指名の絵具でも、他の先生から見れば独断と偏見とみなされるかも……。上の写真のメーカーの場合、透明水彩絵具で108余りのラインナップですから。で、次回以後、ボクの独断と偏見の基本色のリストを、理由や根拠ともどもご紹介しようと思います。

カテゴリー: 色の話   パーマリンク