ボクが薦める色揃え(24)


生徒さんにもお勧めしている24色です。下の色票は、左から右に向かって番号通りに並んでいます。文字は見えないのですが……。

①クリムソンレーキ ②カーマイン ③オペラ ④ブリリアントピンク ⑤バーミリオンヒュー ⑥ブリリアントオレンジ    ⑦ジョーンブリアン№1 ⑧パーマネントイエローディープ  ⑨レモンイエロー ⑩イエローオーカー ⑪パーマネントグリーン№1 ⑫パーマネントグリーン№2 ⑬サップグリーン ⑭テールベルト ⑮グリーングレー ⑯シャドーグリーン ⑰セルリアンブルー ⑱ウルトラマリンディープ ⑲ラベンダー ⑳パーマネントバイオレット ㉑バーントシェンナ ㉒バーントアンバー ㉓セピア ㉔ランプブラック。

ボクの場合はこれですべてです。上で、①~④は赤と薄い赤、つまりピンクです。⑤と⑥は黄赤、つまりオレンジです。⑦~⑩は黄色、⑪は黄緑、⑫~⑯はさまざまな緑です。⑰⑱は青です。⑲⑳は紫、㉑~㉓は茶色。㉔は黒。

なお、これらの中で基本的、中心的な色は過去20年の間、変更や交換はないのですが、それら以外(補助職・周辺色)で、ときどきメーカーの方で生じる「廃色」「新色」などについては、いくつs-IMG_0117かの交換はやむをえないものでした。

上を選んだ理由を……と思いながら、また紙数がなくなりました。次回は必ず取り扱いますが、それより先にお知らせしなければならないことがたくさんあるのです。

①ボクの方法に従うなら、まず上の色をパレットの左上の枠内に、上の通りの順序で、しかも一つの枠内に縦に2本(Ⅱ形に。これ、数字ではなく、チューブから出して縦に2本並べた絵具のイラスト!)、チューブから出した色を二本並べ、そのまま時間をかけ、固めてしまいます。本当です。これが愛好家からプロにいたるまでの絵具の定番の扱い方です。理由は後日。今日はこれでおしまい。

カテゴリー: 画材と道具   パーマリンク