ピアノを買いました!


いえ、いえいえ、電子ピアノというヤツで、付属品まで入れて1万円ほど。コロナが終わるまで、教室関係……ヒマを持て余し……もう愚痴も言い飽きたほどですが、思いついたのがおもちゃに近いキーボードです。カシオの44鍵!

ところが翌日の新聞ですが、国の歴史博物館に、エアコン「霧ヶ峰」など数点と並んで、今回カシオの「電子楽器」が収納展示されたとの報に接しました。昨日私が、まさにそれを購入するのを、お役人の誰かが見ていたのでしょうか。それはともかく、ボクはヴォーカルには親しんできた人間で、一応オタマジャクシも鼻歌くらいにはなるのですが、鍵盤の音楽にはならない。そこで今回発奮して、「音楽理論」……(!)の資料を集め始めたのです。そこで楽器に付属されてきた楽譜、「キラキラ小星」とか「ジングルベル」など10曲ほどですが、これをドレミ……に翻訳し、裏糊シートに印刷して鍵盤毎に一文字ずつ貼り込むことを始めたのです。

五線譜の下にボールペンで書き込めば済むことではありますが、覚えた後に消すことができません。ところがその作業が簡単には終わらず、弾く練習はまだ始めていません。

それにしても「ドレミ……」は音名で、階名は別に「ハニホヘ……」って、この違い、判ります? ………、現在ご報告できるのはここまで。

 

カテゴリー: 周辺状況   パーマリンク