「植物画」はあっちに置いといて、ア・ラ・カルトさまざま……


ご存じの理由で長期のネタ切れ状態です。「ネタがないんなら、書かなきゃいいじゃん!」。いえ、これをやらないと……、他にやることはないし……。で、今日は、現代化した社会と日本語のなんですが……。

ボクは日本酒が好きなのですが、お医者さんの忠告もあってかなり前から日本酒はやめ、ウイスキーに替えています。しかしカミさんと外出した際のお昼には、「たまだから……」とお酒を注文することが多いのです。

ところが、かなり前からなのですが、これに対するウェイトレスさんの応対が不思議なのです。で、暑さも遠のいた今日、カミさん連れで町に出ました。外は、上着がなければ肌寒いほどの秋冷です。そのままの気温で昼を迎え、さるお蕎麦屋さんに入り、それぞれに料理を頼んだ後、「あ、お酒も……」と追加しました。「かしこまりました。お酒は冷(ひや)ですか熱燗(あつかん)にされますか?」「いえ、ちょっと温まっていればいいんです。ぬる燗とか……適当で……」。ここでウェイトレスさんは大いに困るようなのです。「……ぬる燗?……って、どれぐらい?」

ボクが中年を過ぎるころからでしょうか、世間一般での燗酒の分類が、かなり簡素化してしまったように感じます。つまり「ひや(ざけ)」と「あつかん」の二種類だけに。本来ならば、冷、常温、人肌、ぬる燗、上燗、熱燗の六種類で、今でもインターネットのウイキペディアには全部載っています。ぬる燗と上燗の間に「中燗」が入って「七種」を主張する向きもあると聞きました。このことは、少なくとも過去数百年間は続いてきた言い方で日本文化の一端ともいえる部分で、数十年の間にパッと変わるようなものではないはずだとも思えるのです。

こんなにたくさんは要りませんが、六つ七つが一世代か二世代の間に二つだけになっちゃうなんて、減少も激し過ぎます。飲食店の現場では、「ひや」という言葉では冷酒と常温とが混乱しているようだし、「あつ燗」は、人肌から本来の熱燗まで、とにかく熱が少しでも加えられている四つ五つが一緒クタにされているようなのです。第一こんなんじゃあ……、え……? ボクの年齢? 突然また……どうして……? 何か関係あります? え~えっと…………今日はこれで……終わります。

カテゴリー: 周辺状況   パーマリンク