ボクの作品を載せた書籍、発刊されました


昨年6月10日の「教室休講・ブログ休筆、で大忙し」にチラッと、また、同じ昨年10月1日の「東京の某企画・出版プロダクションからの依頼」でも続きを書きましたが、以後、滑った転んだも含めて3か月半、ようやく本が出来上がり、このほど献本一冊が送られてきました。

IMG_0202IMG_0201 (株)ナツメ社発行の「植物画で彩る  美しい花言葉」254ページ、1,595円(税込み)で、7年ほど前に発刊された「美しい花言葉・花図鑑」の後継版です。旧版の植物写真をすべて植物画に変更し、植物種にも少し変更があります。

IMG_0203

あ、本を作った方は、二宮孝嗣先生。造園芸家で、ガーデンデザイナー、樹木医。世界各国各地の造園・及び指導、またイギリス、オーストラリア、ニュージーランド各地のフラワーショーなどでゴールドメダル賞を受賞、さらに、世界各地のフラワーショーで国際審査員を務めておられます。

で、そのイラストの必要数が200余枚ということで慌てたお話を、10月に書きました。結局最初に声をかけられたボクが第二次募集を引き受け、卒業生二名、それに交流のあった知り合いの福田先生をお願いし、第三次募集として福田先生がご自分の卒業生や生徒さん7名に声を掛けて全11名、これに出版社系で何人かを集め、総勢18名で、手持ちの作品やわずかながら新規制作も交えてようやく200点を用意したものです。

もう一つ問題がありました。上の18名の名前は、花名索引の次ページに印刷されていますが、作品ごとに誰が描いたかまでは公表されません。一般の購入者にはそんなことはさして関心はないでしょうが、描いたメンバーなら誰の作品なのか相互に知りたい、それが人情です。

で、ボクは、出版社サイドからもらった資料を基にこれを作った。掲載作品個々の制作者のリストです。実際の制作者は、それぞれ会社から資料を送られているから問題ない。必要なのはボクの薦めで購入した方々、親戚・知人など、つまりは「ボクが描いたのはこれとこれ、あれもあれもそう、あ、それもそう……」と伝えたい人向けの「付属資料」なのです。A4で3ページになりました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク