植物画ではなく俳句のブログです


俳句をはじめてから6か月になります。早いころですが、恥ずかしながら次のような作品をご紹介しました。「鳴き止みてはたと落ち来て蝉果てぬ」です。しかし、俳句は瞬間的な思いや感動を伝えようとするもので、説明や叙述的なものは向かないのだと教えられ、以下のように添削されました。

つまり「落蝉のことりともせで果てにけり」です。

つい先ごろは、次の作品で褒められました。「女郎花肩寄せ合ひて揺れゐたり」です。文体は「旧仮名遣い」です。その理由は、私がさらに正確に理解した後に、ず~っと後にお伝えしようと思っております。

今後、こんな程度に短く、俳句入門の歩みを綴って行こうと考えました。今回は以上です。

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク