俳句です。句集「入門6ヵ月のまとめ」


本年5月、句会入会以来6ヵ月を経て、総計5句×6ヵ月=30句 のうち、会員による選句や先生の講評などを通して、ま、稚拙ながら合格スレスレラインには達している(多分)と思われる自作品8つを下に挙げてみました。
   5月 さ緑と光のカクテル新樹かな   季語は「新樹」
    6月 思ひ出はペダル漕ぐ父夏帽子   季語は「夏帽子」
    7月 揚羽蝶ひときは高く垣を越え   季語は「揚羽蝶」
    8月 庭の隅いずれよりかの桐一葉   季語は「桐一葉」
    9月 女郎花肩寄せ合ひて揺れゐたり  季語は「女郎花(おみなえし)」
   10月 秋日和園児一列畦を行く     季語は「秋日和」
      まあきれい何て素敵な菊でしょう 季語は「菊」
      毬栗を両手に載せて二町ほど   季題は「毬(いが)栗」
以上です。今月11月分は既に投句(提出)済で、評価は間もなく発表されます。
  

カテゴリー: 未分類   パーマリンク